クリスマス・イブに心臓手術 その3 うるさいICU

Johann Pachelbel心臓の手術

「パッへルベルのカノン」の力

ICUは刺激が多い

 ICU(集中治療室)というところは、実にうるさくて刺激の多い部屋だ。

いろいろな機械音、ざわざわ、ガタガタする雰囲気、人声、光、ほんとに休まらない。

   

 私が入ったのが、クリスマス・イブだったこともあるかもしれない。

女性の看護師さんたちが、どこどこの何がおいしい、あそこのあれもおいしい、などの話で盛り上がり、キャッキャと笑って、うるさいのなんのって。

これって、いいのだろうか。ご指導いただきたいところだ。

   

 また、部屋のどこかで、小さい音だったが、クリスマスソングを鳴らしていた。

今それを聞きたい状態じゃないんだけど……。

とにかく、刺激が全部つらい。静かなところに行きたい、と切に願った。

   

邪魔にならない音楽

 そんな時、そのような容体の時でも、耳に全く邪魔にならない音楽があった。

パッヘルベルのカノンだ。

   

Johann Pachelbel – Canon & Gigue in D major パッヘルベルのカノン

   

この病院では、時々それが流れる。演奏しているのはマリンバ(木琴)のような楽器だけで、実に静かに、ゆっくりと流れていく。

   

 昔から癒しの音楽として有名だが、その威力を改めて知らされた。どうしてこんなに邪魔にならないのだろう、と考えた。
   

この音楽には、人の気を引くような変則的なリズムもないし、特殊な表現性をもつ和音もない。

すべてが予定調和の中に収まり、心地よく進む。小川の水が、どこまでも、さらさらと流れていくように。

   

 元気な時は、ことさら聞きたいと思うほどの音楽ではないが、全身が弱っている時には、これほど心地よく耳に入ってくる音楽はないと思われた。

あの世に行ったら、ぜひ、パッヘルベルさんに、このことを伝えようと思う。

   

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

   

パッヘルベルのカノン

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました