第84話 セーラー服

sailor-style-school-uniform and gakuran思春期

 高校の制服はセーラー服だった。

中学の制服があまりにも色気がなかったので、ちょっと嬉しかったが、不都合な点があった。

Vに開いた胸元の作りだ。

一般的にはVの下半分ぐらい、デルタ地帯のように当て布があるが、それがなかった。夏はいいが、冬になると、スースーして寒い。

   

男子の制服は詰襟だったので、胸元が寒いということは、ないはずだった。不公平だなあと思った。

   

 校舎はとても古く、教室にはお印のようにスチームが設置されていたが、上に腰掛けると暖かい程度で、暖房の機能はほとんど果たしていなかった。
   

それで、セーラー服の上からカーディガンを着ようとしたわけだが、学校から禁止されたのだ。

どうして?

カーディガンを着ると、セーラーの襟が隠れて制服が認識されないからだという。

   

なぜ認識されないといけないのか、納得できなかった。

学校としては、皆がそろって同じセーラー服を着ている図が望ましい、と思ったのかもしれない。

学校というものは、このような、不合理で本質には関係のないことにこだわる傾向がある。

   

セーラーの襟が見えるようにカーディガンを着ると、Vのところが露出しているから意味がない。

それでも、私たちは文句をたらたら言いながら従った。少しでも暖かくなるように、セーラー服の下にVネックのセーターを着たりした。

   

 夏服は6月からだが、5月でも暑い日がある。

冬服は、ジャンパースカートの上からセーラー服をかぶる形なので、暑くて汗臭くて不快だった。

   

 学校帰りのバスに、素敵なドレスを着た若い女性が乗ってきた。

それを見て思った。

「早く大人になりたいなあ。そしてこのむさくるしい制服から解放されたい!」

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました