クリスマス・イブに心臓手術 その2 検査と手術後

Male nurse心臓の手術

検査と手術

経食道エコー

 過去、胃がんと大腸がんをわずらい、いろいろな検査をしたが、心臓手術に備えての検査は、以前のものに比べ、痛い苦しいが大きかったと思う。
   

例えば、けい食道エコーは、エコーの機械を飲み込むというので、胃カメラと同じようなものかなと甘く見ていた。

ところが胃カメラよりかなり大きく、「飲み込んで」と言われても、「こんなもの飲み込めるかよ」って感じで、四苦八苦しくはっくしてやっとのことで食道さんに入って行った。

その上、時間が長く、もう二度とご免って感じ。
   

後でわかったが、麻酔ますいをして、寝ている間にやる方法もあったらしい。

   

心臓カテーテル

 また、心臓カテーテルというのもあった。

手首の動脈からワイヤーを挿入そうにゅうして、それにそってチューブを挿入していき、造影剤ぞうえいざいを投入して、血管の写真を撮るというもののようだ。
   

 まず右手首で行ったが、痛いのをさんざん我慢したところで、医師が「ワイヤーが上がって行かないんですよ」と言う。

そう言われても……、私が悪いのかい?
   

 そして、今度は左手で。「いててて」と言い続けたのちに、「ワイヤーが上がりました」と。

ホッとすると、「チューブを入れます」

これがまた痛いではないか。

やっとのことで造影剤を投入し、胸のあたりが熱くなって、ガチャンと写真を撮って「はい、お疲れ様」だと。

   

手術

 この検査入院を経て、いったん退院し、再度入院して24日手術となった。

手術に当たって一番憂鬱ゆううつだったのが、人工呼吸器を使用することだった。

母が、胆道癌たんどうがんの手術で人工呼吸器を挿入され大変そうだったので、「いやだなあ」と思っていた。まあ仕方ないとあきらめた。

   

 午前9時に手術室に入り、知らない間に終わり、ICU(集中治療室)で気づいたのが午後4時ごろだった。

ICU受け入れのところからついてくれた男性看護師さんが、実に優しく細やかに気の付く方だった。

看護師さんで大きな声で話しかける方(耳が遠いと思って大きな声なのか?)が時々いるが、この看護師さんは、声も静かで邪魔にならず、グー!

   

 人工呼吸器は次の日にとれて、やれやれ。

すぐにもリハビリの方がやってきて、ベッドに起き上がり、立ち上がるというエクササイズをさせられた。

   

麻酔の副作用?

 私は6年前の大腸がんの手術の時から、麻酔の合併がっぺい症なのか、吐き気や、頭がおかしくなる兆候が出るようになり、今回もそれがしんどかった。

頭がおかしくなるというのは、麻酔からはめているが、完全に覚醒かくせいしていない感じなのだ。

うとうとすると、つじつまの合わない、脈絡みゃくらくのないイメージが見えたり言葉が聞こえたりして、はっと目が覚め、またうとうとしてそれを繰り返す。
   

 あるとき、前方に立っている医師と看護師さんが、突然天井に映って見えた。
   

   
これはヤバいと思った。こんな経験は初めてだった。

   

手術後の食事  

 食事も次の日から出されたが、がして全く食べられなかった。

それでもおかゆを一匙ひとさじ食べ、次の食事で二匙食べ、次の食事で四匙食べ、というふうに、すごいスローペースで上げていった。

   

 こんな調子で楽になる日が来るだろうか、と思っていたが、今まで経験した手術と同じように、4日目ぐらいからひと心地ごこちつき、7日目の大みそかには、ずいぶん食べられるようになった。

回復するものなのだなあと、改めて、人間の身体がよくできていることを実感した。

しかし正直なところ、手術はこれで終わりにしたいと思う。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました