第29話 おもらし再び

closing ceremony学童期(関西編)

 入学して間もないころ、校外のお散歩で、おもらしをしたことを以前に描いたが、実はもう一回ある。

 2年生の運動会のことだ。

   

 競技も終わり閉会式が始まった。

そのあたりからちょっと怪しいなと思っていたが、まあ大丈夫だろうと整列していた。

最後の校長先生のお話、(長いよ、早く終わって)と心の中で叫びながら耐えていたが、ついに限界が来た。

   

「えい、ままよ」と決意して、そのままそこに出してしまった。

みんな前を向いて立っているし、気がつかないだろうというポジティブな思考だった。

 だれか気がついた子がいたようで、くすくすという忍び笑いが聞こえたが、素知らぬ顔でそのまま立っていた。

   

 式も無事に終わり、教室に戻った。

誰かが先生に、私のことを言いつけたが、先生はけげんな顔で「えっ?」と言ったきりで、なにもなかった。

よかった、と思った。帰るころには乾いていた。

   

 1年生の時のおもらしで、先生が家まで送ってくれた時、母はこう言ったとのこと。

「うちの子はおしっこ近いんですから、授業中でもすぐ行かしてやってください」

   

一般的には
「ご迷惑をおかけしました。休み時間にちゃんと行くように言って聞かせます」
とかなんとか言うところだろうが、あたかもあなた達のケアが行き届かないから
こうなるのよ、と言わんばかりである。
   

そして私に、「先生に言ってあるから、おしっこがしたくなったら、いつでも先生に言って行きなさい」と。

    

 残念ながら、運動会の閉会式は授業中ではなく、言うタイミングがなかったのだ。
   

 今考えるに、そのころの学校での様子は、ボーっとしていたり、のろかったり、おしっこをもらしたりと、からかわれたり、いじめられたりしそうなものだが、その覚えは全くない。

むしろ、先生も友だちも親切だった。
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました