昭和こぼれ話2 NHK全国学校音楽コンクール

Children chorusing昭和こぼれ話

 小学生の時だった。ラジオから、さわやかで踊りたくなるような歌が聞こえてきた。

花のまわりで鳥がまわる、鳥のまわりで風がまわる……」注1 という歌だ。

一緒に歌いながら、素敵な歌だなと思った。現在も続いていると思うが「NHK全国学校音楽コンクール」、合唱コンクールの課題曲だった。

   

音楽が好きで、合唱も好きだった私は、ラジオでよく聞いていた。小学生の部が一番好きだった。小学生の声は透き通っていて、とてもきれいだ。

   

 私が通ったのは、ごく普通の公立の小学校だったが、音楽活動に熱心だった。

作詞や作曲をする先生がいて、例えば、おそうじの歌とか、体育祭の歌など、オリジナル曲があった。

   

 おそうじの歌は、「パッパパッパ、パパッパパッパ、はたきをかけて、サッササッサ、ササッササッサ、ほうきではいて」というような歌詞だった。

なんとなく時代を感じさせる。

体育祭の歌は「強い体に住む心」と始まった。

   

 NHKの学校音楽コンクールの話に戻るが、私たちの小学校でも、音楽の時間にこの課題曲を歌ったりした。
   

 4年生の時、いくつかの小学校が集まって音楽会が開かれ、そこで過去の課題曲の中から、「仲よし円舞曲」という歌を練習して歌った。

明るく笑うお日さまよ注2 と始まる歌だ。
スタッカートの部分があり、そこを特に何回も練習したことを覚えている。

   

 5年生の時の課題曲は「わかいおじさん」という歌だった。音楽の時間に歌ったが、この歌も大好きだった。

広い肩をした、わたしのおじさんがやってきた、熊が出るという山の話をした……」注3 という歌だ。

   

わかいおじさん 作詞:与田 準一 作曲:牧野 統 1956年 第23回 NHK全国学校音楽コンクール 小学校の部 課題曲

   

音楽の教科書に載っている歌と違って、子ども心に、おしゃれな歌だな、と思った。

この歌に出てくるおじさんがとても魅力的で、こんなおじさんがいたら、どんなに楽しいだろうと思った。

   

 小学生の時は、いつもアルトを歌った。

母が私の声を褒めてくれなかったので、自分の声はあまりよくないけど、音程が正しくとれるからアルトが合っていると思い込んでいた。

   

 ところが大人になってから、いろいろな人から「声がきれいだ」と言われるようになった。

あれ? そうだったのか。

もっと早くからそれを知っていれば、アナウンサーのように、声を使う仕事を選んだかもしれないなあ、と思ったりしたものだ。ちょっと残念だ。

   

注1 「花のまわりで」作詞:江間 章子  作曲:大津 三郎
注2 「仲よし円舞曲」作詞:深尾 須磨子  作曲:高田 信一 
注3 「わかいおじさん」作詞:与田 準一  作曲:牧野 統

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました