第74話 男の子が女の子にちょっかいを出すのは……

Unrequited love思春期

 中学生になると、ほとんどの女の子は男の子を、男の子は女の子を気にするようになる。

もっとも、小学生の頃からそれは始まっているのだけれど、それが心を支配する割合が、ぐっと増えるのだと思う。

   

 興味があることの表出として、女の子は遠くからじっと見つめる、目があうと、あわてて伏せる、といった感じだ。

休み時間になると、女の子同士で集まって男の子の話をしたものだ。
   

「〇〇君がかわいい」とか「〇〇君って親切よ。今日バスで、あたしのカバン持ってくれたもん」と、あたかもその子が自分に気があるかのように話す子がいると、「あら、あたしだって持ってもらったことあるわよ」と言う子がいたり。

   

男の子はどうかと言うと、例えば習字の時間に、離れた席からわざわざやってきて「ちょっと墨貸して」などと借りて行ったり、休み時間に、家の場所を聞きに来たりした。
   

といっても私のところに来たのではなく、私の隣の席に座っていた女の子のところに来たのだけれど。

掃除の時間に、(はた)きの先で、スカートをひょいとめくるようないたずらをする子もいた。

   

 そういえば……

 小学生の時、クラスに女の子が転校してきた。おとなしくて、か弱そうな女の子だった。

男の子たちは、しきりとその女の子の近くにやってきては、その子の持ち物を手に取って、ふざけたりしてからかった。

   

 ある日、その転校生と一緒に、学校からの帰り道を歩いていると、男の子たちが通せんぼをした。

私はこの女の子を守らなければと思って、「なによ!いじめるのはやめなさいよ!」と恫喝どうかつした。

   

怒る女の子

   

すると、一人の男の子が「おまえは可愛くないんだよ。〇〇さんが可愛いんだよ、なあ?」と他の男の子たちに同意を求めた。
   

 そうだったのか。

その時の愕然とした気持ちが忘れられない。可愛くなくてごめんなさい。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました