第56話 さくらんぼ大将~笛吹童子~赤胴鈴之助~少年探偵団……

Boy detective team学童期(東京編)

 「緑の丘の赤い屋根、とんがり帽子の時計台、鐘が鳴りますキンコンカン、メイメイ子山羊も啼いてます……」注1
   

この懐かしい歌は「鐘の鳴る丘」というラジオドラマの主題歌だったらしいが、「さくらんぼ大将」と記憶がごっちゃになっている。
   

この歌と、「さくらんぼ大将!」という元気な男の子の声が重なっている。

でもこのドラマが放送されていたころは、私はまだ幼く、内容を聞いたのではなく、歌だけ聞こえてきたという感じだ。

   

あなたが選んだ古関メロディーベスト30

   
   
   
 ラジオドラマを楽しみに聞き始めたのは「笛吹童子」からだ。

ヒャラーリヒャラリコ、ヒャリーコヒャラレロ……」注2 と始まった。これは漫画にもなっていて、漫画も読んだ。

   

 その次は「紅孔雀」だった。

友だちと紅孔雀ごっこをしたことを覚えている。私はこういう遊びをする時、たいてい正義の味方ではなく、盗賊などの悪者の役をやりたがった。

   

 テレビが各家庭にある時代ではなかったから、今の子どもたちがテレビの番組を楽しみにするように、ラジオドラマを楽しみにしていた。

   
いろいろなものがあったが、記憶に残っているものに、「剣をとっては日本一に、夢は大きな少年剣士……がんばれ、強いぞ、ぼくらの仲間、赤胴鈴之助!注3 がある。
   

「あかどう、すずのすけだー!」という威勢のいい名乗りから始まる。臨海学校の最後の晩の出し物で「赤胴鈴之助」をやったのを覚えている。

そういえば、確か吉永小百合さんが「さゆり」という女の子の役で出ていたように思う。

   

 一番楽しみにして聞いていたのが「少年探偵団」だ。
   

怪人二十面相 江戸川乱歩・少年探偵1

   
   

ぼ、ぼ、ぼくらは少年探偵団、勇気りんりん瑠璃の色……」注4

家の前で遊んでいて、母に時間になったら教えて、と頼んでおき、5時半ぐらいだったか、急いで帰って聞いたものだ。

小林少年とその仲間が、明智小五郎先生と行動を共にしていることが不思議だった。この子たち、学校はどうなってるのかなあ……と。

   

怪人二十面相を追い詰めて、いつも最後のところで逃げられる。

ある時二十面相が、アドバルーンに乗って「ワッハッハ……」と空に消えていくというくだりがあった。

   

 当時デパートにはアドバルーンが上がっていたものだ。

また、学校の運動会が予定通りに行われますよ、という合図にアドバルーンが使われたこともある。

朝起きると母が、「アドバルーンが上がってるわよ!」と声をかけてくれ、運動会大好き少女だった私はワクワクした。

   

 さて、ラジオドラマは、「連続ラジオ小説、下村湖人原作『次郎物語』」というのも印象に残っている。

   

【無料】次郎物語 01 第一部

    
   

 今でも時々思い出すセリフがある。

うろ覚えではあるが「子どもっていうのは、可愛がってやりさえすればいいのね」という母親の言葉だ。歳を取ると、この言葉の意味が分かる。

そして時は流れ、テレビの時代になっていくのである。
   

注1「とんがり帽子」 作詞 菊田一夫
注2「笛吹童子」 作詞 北村寿夫
注3「赤胴鈴之助の歌」 作詞 藤島信人
注4「少年探偵団の歌」 作詞 壇上文雄

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました