ニワトリ追悼の記

gold-banded lily田舎暮らし

 (家の敷地内に自生しているヤマユリ↑↑↑)

   

 「三歩あるけば忘れる」と言われるニワトリは、あまり賢くない動物と思われているようだ。

しかし、この土地に移って約3か月の間、ニワトリの行動をの当たりにして、いやいやそんなことはないよと実感した。

   

 朝、夫が残飯ざんぱんをやりに小屋に行くと、3羽が集まって待ち構えている。

パパがおいしいものを持ってきてくれるということを、ちゃんと知っているのだ。

みなで寄ってきて、食べ始める。

残飯は、野菜くずや肉の切り落としたところ、魚の食べかすみたいなものだが、彼、いや彼女たちはそれが大好物のようだ。
   

残飯をついばむニワトリさん

   

 午後、外に出すために小屋の戸を開けてあげようと、夫が裏口から出ていくと、その音を聞きつけて、戸口にみなで寄って待っている。

戸が開くと、3羽が一斉いっせいに広場に出ていく。

お目当ては、広場の中に植えてある木いちごの実だ。

実が落ちているところに最短距離で行ける細い道を、一列になって走って行く様子は、なんとも可愛らしい。

   

 日中、日差しが強い間は、広場に植えてある大きなほおの木の下の陰にいて、涼みながら何かをついばんだり座ったりしている。

夕方になれば、自ら小屋に入っている。
   

朴の木の下にいるニワトリさん(右奥が小屋)

   

 最近、3羽のうちの1羽が別行動をしていることがちょくちょく見られていた。他の2羽に比べて、少し弱々しい感じがした。
   

3日ほど前から、この1羽が餌を食べなくなり、皆が外に出ている時も、小屋の中にじっと座っていた。

そして、一昨日は1日中座っていた。餌を食べずに。

   

 昨日の朝、夫が「にわとり、死んだな」と言った。

 ……そうか。

小屋を見に行くと、昨日は小屋の真ん中辺に座っていたのに、なぜか、小屋のすみっこで丸くなっていた。

自分で隅っこに移動したのか。どうして?

自分のことが、わかっていたのだろうか。

   

 にわとり広場の中に穴を掘って、埋めた。顔が、体に埋もれるぐらいに小さくなっていた。

今まで、卵を産んでくれてありがとう。残飯を食べてくれてありがとう。合掌がっしょう
   

ここで涼んでいた

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました