番外編6 やる気が出ないとき、どうする?

Unmotivated woman番外編

全体を見ずに、部分だけ見る。
先を考えずに、一番やりやすいところから。

やる気が出ない

 何日も前から、いや数週間も前から掃除していない。よく見ると、部屋の隅にほこりがたまっているのが見える。

あ~、気持ち悪い。掃除しなきゃ。

でもやる気しない。
   

やる気が出ないのはどうして?

 「掃除!」と思うと、ここ掃除して、あそこ掃除して、あれやってこれやって、と考えるだけで気が遠くなる。

今の自分の体力と精神状態では無理と思ってしまう。
   

あれ? できた

 ある時、何も考えずに、まず和室のこたつの天板を持ち上げて壁に立てかけた。

そして、こたつ布団をその天板の上に置いた。

あ、座布団が見える。座布団を重ねてみよう。

すると、畳の部分が広く見える。

じゃ、ここだけでも掃除機かけるか、とかけ始めた。

すると、意外にも和室全体に掃除機をかけることがそれほど苦ではない。

じゃあ、こっちもと思って隣の板の間にも掃除機を引きずっていく。

なんか少し気が軽くなったような気がする。

よし、この乗りで次、次と無心に掃除機をかけて行った。

そして、ついに階段上までかけられた。
   

できたじゃないか。
   

先を考えない

 以来、掃除をする時は、先を考えずに目先のこたつの天板をエイっと持ち上げて、壁に立てかけよう。

そうしたらこたつ布団を天板に置こう。

と、その順番だけを考えながら、することにした。これで週1回の掃除が、さほど苦にならなくなった。
   

  • なにかしんどいことをしなきゃと思う時、先を考えないことにしている。目の前の一番簡単な部分だけを見て、それをする。

   
そうすると次のことをしようという気になってくる。これをエンジンがかかるというのだろう。
   

車だって、初めにエンジンを動かすときは、ちょっと重い音がする。かかると軽快な音に代わる。人間も、エンジンをかけるのが大変。

エンジンをかけやすくするためには、初めの一歩をできるだけ簡単にする。
   

完璧を目指さない

 ちょっとしかできなかったら、そこでやめてもいい。

というかむしろ、もうちょっとやろうかな、と思ったところで、やらずに終わりにするのもコツだったりする。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました