第48話 勉強

studying girl学童期(東京編)

 3年生までは、勉強したという記憶が全くと言っていいほどない。

授業で何をやったかということも、ほとんど覚えていない。

覚えていることと言ったら、わずかに理科の時間に花壇を観察したこと、家庭科の時間に、菜っ葉は流水で洗うということを教わったことぐらいだ。

特に算数は何も覚えていない。たぶん理解していなかったのだろう。

   

 しかし4年生になってから、なぜかテストでいい点数を取りたいという願望が現れた。それから算数が分かるようになった気がする。

4年生の通知表に、3年の時の担任の先生が「算数の指導をしていただいてありがとうございます」と、どういうわけか4年の担任宛てのコメントを書いていた。

   

 さらに5年生ぐらいになると、どんなことも男子に負けたくないという気持ちが湧いてきた。勉強でも遊びでも、男子を負かしたいと思っていた。

けんかも勝てるかどうか試してみたが、やはり男子の腕力には勝てなかったのが悔しかった。
   


そうしているうちに、1年生の時は何も分からず、まごまごしていた子が、いつのまにかしっかり者になってしまった。不思議なものだ。

   

 両親から、「宿題はしたのか?勉強しなくていいのか?」などと言われたことは一度もない。

冬休みなどの宿題は、寝ている間に片づけてもらったこともあったくらいだ。
   

子どもというものは、ありのままを受け入れてやり、好きなこと、やりたがることを存分にやらせておけば、自然とその子らしくできあがっていくのではないだろうか。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました