第35話 転校生

cherry blossoms学童期(東京編)

 東京の学校に転校するにあたって、胸の中には固い決意があった。

「東京の子どもたちに、地方から来た子どもということで、下に見られないように頑張ろう」

そして、絶対に関西弁は出さないようにしよう、と決心していた。

   

大人の言葉で言えば、見くびられてたまるか、というような気持である。子ども心に、兵庫県より東京の方が上だと思っていたのであろう。

   

 いよいよ、学年が始まる始業式に、転校生として初登校する日がやってきた。

桜が咲いていた。

   

校庭で朝礼があり、教室に入ると先生が私をみんなに紹介した。

そして、「〇〇ちゃんの行っていた学校はどんな学校でしたか?」と聞かれた。

「この学校みたいに木造で古い学校じゃなくて、鉄筋コンクリートのきれいな学校でした」と、今風に言うとKYな(空気を読めない)答えをした。
   

先生は「そうですか、でもこの学校は木造で古いけど、日本一の学校ですよ」と、みんなの気持ちを思いってフォローした。

   

 何かが始まり、先生がみんなに質問をした。

私は勢いよく手を挙げた。

こんなことは今までになかったことだが、これも先に述べた決意によるものだ。
   

手を挙げる子ども

   
先生は転校生の私をすぐに指してくれた。立ち上がって張り切って答えた。

すると先生は困ったような顔をして「う~ん、それは〇〇じゃないかしら……」

(間違えちゃったのかな)とバツが悪い気持ちになったが、先生はすぐに「間違えてもいいから自ら進んで発言するのはとてもいいことですよ」と言ってくれた。

   

 休み時間になると、クラスのみんなが周りに集まってきた。

そして口々に「家はどこ?えっ?あ、知ってる知ってる」とか「名前の字は、どう書くの?」とか「目が大きいね」とか話しかけてきた。

私はニコニコしていたように覚えている。たぶん嬉しかったのだろう。
   

こんなふうにして、意気いき揚揚ようようと新しい学校生活を始めたのだった。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました