第38話 足じゃんけんと手まり歌

showa scenery学童期(東京編)

 そのころ流行っていた遊びに、足でじゃんけんするものがあった。

足を左右に開くと「パー」、前後に開くと「チョキ」、閉じると「グー」だ。

今でも同じ遊びがあるかもしれないが、どんな掛け声でそれをするかは違っていると思う。

   

当時、パーは「ハワイ」、チョキは「ちんぼつ」、グーは「ぐんかん」だった。

ぐんかん、ぐんかん、ハワイ」「ハワイ、ハワイ、ちんぼつ」などと、掛け声をかけながらする。

   

 いつものようにそれをしていると、「それ言っちゃいけないんだよ」と友だちに注意された。先生が禁止したという。

「どうして?」と、その理由は全く分からなかった。

「パールハーバー」のことや、この掛け声が不謹慎であることは、後に知った。

   

 ほかにも、手まり歌として次のようなものがあった。

   

一列談判破裂して

日露戦争始まった

さっさと逃げるはロシアの兵

死んでも尽くすは日本の兵

御門の兵を引き連れて

6人残して皆殺し

七月八日の戦いに

ハルピンまでも攻め寄せて

クロバトキンの首を取り

東郷大将万々歳

錦の旗も万々歳

    

ボールと女の子

   

今歌ってみれば、とんでもない歌である。これも学校で禁止された。

   

その代わりに「1」は何だったか忘れたが、「2」は「にいたかドロップ美味しいな」、「3」は「3月3日はひなまつり」……と超無難な歌詞で歌うように教えられた。

私たちは、この歌はつまらないね、一列談判破裂してのほうが面白いね、と言いながら、まりつきをしたものだ。

   

 戦後8~9年ほどたっていたと思うが、まだ生活の端々に、戦争や軍国主義の名残が見られた時代である。

子どもは、その意味をよく知らなかった。それも考えてみれば怖いことだ。
   
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました