第43話 米穀通帳

rice ears学童期(東京編)

 当時、お米にはいろいろな種類があった。

といっても「コシヒカリ」とか「ひとめぼれ」とかの種類ではない。

配給米、ヤミ米、内地米、外米などの種類である。

    

 各家庭には米穀通帳というものがあり、預金通帳のような形をしていた。

それが何のために必要なのかはよく知らなかったが、おそらく食糧難の時代に、お米を国民にできるだけ平等に分ける必要があったのだろう。

しかし、政府が管理する配給米だけでなく、民間ではヤミ米というものも流通していたらしい。

   
母が「じゃあ、米穀通帳を持っていけばいいんですね」などと確認しているのを聞いたことがあるから、お米関係だけでなく、身分証明書のような役割もあったのではないかと思う。

   

 自分の家がいつ配給米を食べていて、いつから自主流通米になったのか、などはよくわからないが、父が「この飯はまずいな。外米じゃないのか?」などと言っていたのを思い出す。

外米とは要するに輸入米のようなものだ。
   

時々、知り合いの家に行くと、そこでお母さんやおばあさんが新聞紙などの上にお米を広げて、石とか汚いお米をより分けていたのを覚えている。

   

 米離れということをちょくちょく聞くが、米ほどありがたい食料はないのではないだろうか。
   

炊きたてのごはん

   
いつか、アフリカの飢餓の子どもたちのことをテレビで見たときのこと。

そこで救援活動をしている方が
「みな栄養失調でガリガリに痩せて、皮膚病になっていたり、おなかが悪くなったりしているが、おもゆを飲ませると、どんどん良くなるんですよね」、と言っていたのを思い出す。

米は大切だ。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました