【術後】続編 いたたたた、油断大敵!

Fall in the bath心臓の手術

 心臓の手術後は、切った肋骨ろっこつを固定するため、胸にコルセットをしていた。

一般的には肋骨の真ん中を縦に一直線に切るらしいが、私の場合は左側の下半分を縦横に切ったとのことだった。
   

これは1か月ほどではずした。

しかし胸を無防備な状態にするのが怖くて、下着を後ろ前に着たりして、胸の部分を保護するようにしていた。

寝るときも、パジャマだけでは心もとなく、必ず下着をつけていた。

   

2か月、3か月と過ぎて、もう4か月以上になる。だんだん大胆になり、下着も普通につけ、パジャマは素肌に直接着るようになった。

私にしては、ずいぶん肋骨を大事にしてきたわけだ。

   

 昨夜、お風呂に入ったときのこと。

石鹸で体を洗った後、シャワーで流すだけでは、ちょっと物足りない。湯船に満々とあるお湯を洗面器ですくって、ザーッとかけたくなった。
   

   
一回目は、うまくいった。やっぱりこれがお風呂の醍醐味だよね、と。

考え事をしながら、2回目を実行しようとした。

洗面器でお湯をもうとして、持ち上げきれずにそのままスッテンと転び、あばら骨を湯船のふちに打ちつけてしまった。

   

 「イテー!」

瞬間、息が止まるかと思った。なんてこった。あんなに大事にしてきた私の肋骨。これじゃ元も子もないよ、とがっくり。

   

そもそも湯船のお湯を汲むための柄杓ひしゃくではなく、いわゆる洗面器だから、それを両手で持って、身をかがめて汲み上げるのに、想定以上の筋力とバランスが必要だったのだ。

たかが洗面器一杯のお湯が、自分が思ったより重かった。そしてバランスを崩した。思った以上に筋力が衰えている。

   

 すっかり元気をなくしてしまった。大丈夫かなあ、私の肋骨。

今、大きく息を吸ったり、せきをしたり、トイレでいきんだりすると、痛みが走る。

大事に至らなければいいと思っているところです。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました