第70話 パパは何でも知っている

Before going to work思春期

 うちにテレビが来たのは中学生になってからだ。それからは、テレビっ子の道を邁進まいしんした。

もし生まれた時からテレビがあったら、あんなに本を読まなかったかもしれない。

   

 日本の番組で楽しみに見ていたのは「事件記者」だ。

やまさん、べーさん、あらさん……とか懐かしい。
   

「バス通り裏」もよく見ていた。

十朱幸代さんがとても若かった。たしか駆け出しの頃の岩下志麻さんが出ていたように思う。

   

 そのころは日本で製作したテレビ番組が少なかったのか、アメリカから輸入した番組がとても多かった。

 ハイウェイ・パトロール、ローン・レンジャー、アイ・ラブ・ルーシー、ペリー・メイスン、ヒッチコック劇場……、いくらでも思い出す。

   

 その中で、日本中の家庭が見ているんじゃないかと思われたホームドラマが、「パパは何でも知っている」(原題 Father Knows Best)。

ベティ、バド、キャシーという3人の子どもがいる、おそらく普通の庶民家庭を描いたホームドラマだった。

   

このドラマを通して、アメリカの一般的な生活というものを身近に見ては「うらやましいなあ」と思ったりしたものだ。

学校に行くと、前日に見たテレビのことをみんなで、ああでもない、こうでもないとおしゃべりするのが常だった。

もっとも、これは女子だけのことだったのかもしれないが。

   

カウボーイ

   

 また、その当時は西部劇全盛で、ガンスモーク、拳銃無宿、ララミー牧場、ローハイド、幌馬車隊、アラスカ魂、などさまざまなものがあった。

そのほか、サンセット77、フォロー・ザ・サン、マーベリック、カメラマン・コバック……、あとからあとから出てくる。

   

 特に熱心に見ていたのが、ララミー牧場とローハイド。

ララミーは、番組終了後に淀川長治さんが、撮影の解説や俳優の話を、あの独特の語り口で話すのが面白く、最後の「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」が名物だった。

   

Rawhide Opening and Closing Credits and Theme Song ローハイド

   

 感慨深いのは、ローハイドのロディ役で出ていたクリント・イーストウッドが、ものすごく偉くなったことや、拳銃無宿のスティーブ・マックイーンや、カメラマン・コバックのチャールズ・ブロンソンが、後にハリウッド映画で大活躍するようになったことである。

   

 Rollin’rollin’rollin’…… と始まるローハイドは毎週欠かさず見た。高校入試の前日もきっちり見たし、この主題歌も歌詞を覚えて歌ったなあ……。
   

 これらはすべて白黒テレビで見た。うちにカラーテレビが来たのは東京オリンピックからだ。
   

注「Rawhide」作詞 Ned Washington

   

【U-NEXT】31日間無料トライアル【大脱走】スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソン他

   

Amazon.co.jp: ハドソン川の奇跡(字幕版)を観る | Prime Video
2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を突如襲った全エンジン停止事故。160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリーはそれを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。事故発生からわずか208秒...

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました