光回線の光って……

Internet is not connected些事いろいろ

 朝起きて、いつものようにパソコンを立ち上げる。

検索しようとすると、画面に「インターネットに接続されていません」の文字。

おかしいなあ。

線が外れてないか、あちこち確認したり、いったんシャットダウンして電源を入れ直したりしたが、全然ダメ。

   

夫に訴えると、夫のパソコンも繋がらないと。

電話も光回線を使っているので、繋がらない。

ルーターを見ると、ちゃんと点灯していない。ルーターの故障かな。

頼みの綱は、スマホのみ。スマホがあって、ほんとによかった。

   

 NTTに連絡すると、見に行きますとのこと。

2時間ほどしてNTTが、高所作業車とワゴン車とで、ものものしくやってきた。
   

   
玄関前の広くなっているところに車を止めると、道路工事をするかのように、赤い旗と緑の旗を持って男性が降りてきた。

トラックの前に三角コーンを置き、通行止めのついたてを置いた。

ここ、道路じゃないんだけど。ちょっと大げさじゃない?

   

 NTTの人がルーターを調べたが、故障ではないらしい。

その人の言うことには、「光が届いてない。今、光が弱くなってるんですよね。ちょっと中継しているところまで行って見てきますので、少しお待ちください」
   

はあ……。光が弱くなっている。

そうか、いま梅雨だから日照時間も短くなってるし、それで光が弱くなってるのか。

でもそうなら、どの家も弱くなってるはずなのにねえ……と一人で疑問を感じていた。

    

そのことを夫に尋ねると……

「光回線(光通信)って、空気中の光じゃなくて、ガラスやプラスチックでできた光ファイバーケーブルの中に、光(電気信号ではなく、光信号)を流してデータを送るシステム」と笑われた。

そうなのか。

   

   

 そして、NTTの人が帰ってきた。

光が県道の中継点のところまでは何とか届いているけど、そこから上に上がったうちまでは、もうヘロヘロで届くことができなくなったらしい。

そこで、うちから約10kmほどの役場近くの郵便局にある、基地みたいな場所の増幅器を交換して、出力を高めたとのこと。
   

かくして、見事に回線復活。

光回線とは、空気中の光の中を飛んでくるんじゃなかったんだな。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました