心臓の手術から半年後のご報告

medical examination心臓の手術

 先日、地元病院での2度目の診察を受けた。

【主治医との会話】

どうですか?

気になることが3つあります。

   
にんまりと笑って、「いいですよ、聞きましょう。はいどうぞ」
   

「一つ目は体重が戻らないこと。38キロ以上にならないんです。

 二つ目は前髪が全然伸びないこと。

 三つ目は、せきが止まらないことです」

※身長155cm、手術前は44kgだった。
   

体重ですが、食欲はどうですか?

食欲は、あるんです。けっこう食べてます。

食欲があれば、基本的には心配ないです。

「もしかすると、心臓の働きがよくなって水分が排出され、体重が減ったのかもしれません。

 もう一つはがんの可能性です。心配だったら、人間ドックなどの検査を受けるといいでしょう。
   

 あと考えられるのは、体重が増えないというより、筋肉が落ちているということです。筋肉を増やすことが大切です。

そのためには肉や魚をたくさん食べることだけど、そんなにたくさんは食べられないでしょう。

(33歳のときに胃がんをわずらい、2/3を切除している。)

 それで、プロテインを飲んで補充するのもいいですが、飲むだけではだめです。飲んで運動をしないと。」

   

関節が悪いので、脚が痛くて、長く歩くことができないんですけど。

そうしたら、プールの中を歩くとか、自転車こぎとかはどうですか?

「運動する前や後にプロテインを飲むというふうに、セットで続けていくと効果が出てきます」

「はい、わかりました」

   

髪の毛の方は、申し訳ないけど、老化現象ですね。

そうなんですか(トホホ……)

咳が出るというのは……、○○さんの心臓は、手術をして動きはよくなったけど、とても小さいんです。

   

(えっ? そうなの? 知らなかった。どういうことだろう)

   

体全体の筋肉が落ちているから、心臓も筋肉ですから、筋肉をつけて強くしていく必要があります。

   

 わかったことは、髪の毛については老化現象だから仕方がないとして、まずはプロテインと運動だな、ということ。
   

そして、私の心臓は冷蔵庫に例えると、機能は持っているが、小さいのでパワーも小さい。

品物を入れすぎると冷えなくなっちゃうのと同じように、キャパオーバーになると、咳がひどくなったりするということなのだろう。

確かに、無理して力の要る作業をしたり、大きな声で話し続けたりすると、そのあと咳がひどくなる。

   

 一応の納得が得られたので、さっそくプロテインを注文することにした。

プールは比較的近くにあるらしいが、コロナのこともあって、ちょっと控えたいなというのと、たぶんすごく息切れするだろうなと思い、自転車こぎをしようかと思う。

エアロバイク(フィットネスバイク)というやつを購入する予定。

これで効果が出るといいのだけど。
   

   

 最近、に落ちたことがある。

それは「今回の手術で身体障害者手帳を取得したことから、これは病気ではなく障害である。だから、治るという発想は当てはまらない」ということ。

心臓機能障害という状態で、低空飛行を続けていけばいいんだなということ。

なぜ元通りにならないんだろうと気に病むのは、的外まとはずれなんだということ。
   

※心臓の弁置換べんちかん術を受けた人は、申請し認定されると、身体障害者手帳が取得できる。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました