昭和こぼれ話 10「接待」から思い出したジェットコースター

roller coaster昭和こぼれ話

 ひところテレビのニュースショーをにぎわしていたことの一つに「接待」がある。

会社と利害関係のある省庁の役人を接待して、有利な計らいをしてもらうというものだ。

   

 中学生のとき生徒の名簿が配られたが、なぜかそこに家の職業を書く欄があった。今なら個人情報で、あり得ないと思うが。
   

 父はそれを見ながら、「お、保線課長がいるぞ」と色めき立っていた。

 父の会社は、線路の枕木に使う部品を作っていた。国交省(その頃は運輸省といった)の保線課長というのが、かなり利害関係の深い役人だったようだ。

 「挨拶しといたほうがいいかな」と冗談交じりに言っていた。

   

 役人への接待とは違うが、取引がある会社同士の接待もある。

その中で、野球や相撲観戦の招待もあった。時々両親が、相撲や野球を観に行ったりしていたことを思い出す。

野球はネット裏の一番いい席だったようだが、母はあまり興味がなかったようで、迷惑そうだった。もったいないことだ。

相撲観戦から帰ってくると、お土産が多いのにびっくりしたものだ。その中に大きい湯のみ茶碗があった。力士の名前が書いてある奴だ。
   

   

 そのようなものの中の一つで、後楽園の入場チケットがあり、母と妹と3人で行った。

当時、今で言うところの絶叫マシーンが、いち早く取り入れられたのが「後楽園ゆうえんち」である。

その日は7月14日、パリ祭ということで特別なもよおしになっていたのか、夕方から出かけ、かなり遅くまで楽しんだ。

   

 そのとき初めて乗ったのが、ジェットコースターだ。

どんなものだかワクワクしながら乗った。初め、コースターが、落下する山の頂上まで登っていく。夜空に星がたくさん見えた。

「空に昇っていくみたいね」と母が楽しそうに言った。

そして、あのジェットコースターの疾走が始まった。

カーブする時、外側に飛び出しそうになる恐怖がスリル満点で、「キャーッ!」と叫びつつ、面白くてたまらなかった。それ以来、ジェットコースターが大好きになった。
   

 それは、1学期の定期試験がちょうど終わった日だった。夜遅く帰って疲れて翌日寝坊し、学校に遅刻していったことを覚えている。
   

 今どきのジェットコースターは、恐怖感も半端じゃない、ものすごいのが流行っているようだ。私は年齢と心臓のせいで、もう乗れないだろう。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました