梅干しと梅ジュースの仕込み

Japanese apricot田舎暮らし

 梅干しと梅ジュース用の梅が届いた。いい香りがする。

うちの梅は、実がまだかわいくて、梅干し用にはちょっと不十分。

来年か再来年かな。

   

これらもロールパン同様、夫が作っている。

へたを取って洗い、自然乾燥した後、梅干し用と梅ジュース用に1.5kgずつ分ける。
   

へたを取る

   

洗う

   

1.5kgずつ分ける

   

それぞれウォッカで消毒をする(自然乾燥)。容器と重しも消毒。
   

コロナ騒ぎが始まったころ、どこへ行っても消毒用エタノールが手に入らなかった。

そこで娘が送ってくれたのが、このウォッカ。エタノール代わりになるでしょ、と。

しばらくすると、消毒用の液体が出回るようになり、使っていなかったウォッカが、こんなところで大いに役立った。

   

【梅干し】

 ポリバケツに梅を入れ、塩300g(梅の20%)を振り入れる。
   

容器に入れ塩300gを混ぜ合わせる

   

バケツをゆすってならし、大きさの合う皿をのせて、その上に3.5kg(梅の約2倍)の重しをのせる。
   

重しをのせる

   

これで保管し、2週間もすると水が上がってくる。そうなると干せる準備が整ったということになる。

梅雨が明け晴天になるのを待ち、干す。

   

水が上がってから重しを軽くするというやり方もあるが、家で食べる梅干しなので、多少皮が破れたりしてもいいだろうということで、そのままにしている。

昨年は紫蘇しそを入れたが、今年は省略。
   

なお、この梅干しの作り方は、紀州みなべの南高梅を購入した際に入っていたJA紀州発行の「UMEレシピ」を参考にしています。

      

【梅ジュース】

 消毒済みの梅を、まず冷凍庫で一晩凍らせる。
   

洗って消毒したら、冷凍庫で凍らせる

   

凍った梅を容器(5リットル瓶)に入れ、きび砂糖を梅と同量の1.5kg加える。

封をして2~3か月置くと飲めるようになるが、おいしくなるのは年明け頃だそうだ。
   

凍った梅を容器に入れる

   

同量の砂糖1.5kgを入れる

   
砂糖が溶け始め、梅が浮き上がってきたら、ときどき(3~4日に1回ぐらい)揺すり、同じ実が水面から出ている状態にならないようにする。
   

仕込みから5日目

上のほう、泡に見えるが、これはまだ溶けていない砂糖。

   

なお、梅ジュースの作り方は、現代農業という雑誌や、麹の本、味噌の作り方などを読んで学びながらアレンジしたとのこと。

   

梅干しも梅ジュースも、今は納戸で眠っている。

梅干し:納戸に1か月置く
梅ジュース:納戸に2~3か月置く

   

去年作ったジュース

      

さわやかな梅ジュース、いただきます!

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました