夫の投稿「第二人生の始め方」

Mowing田舎暮らし
tamichat
tamichat

今回は、夫に記事を書いてもらいました(画像は草刈りをしているところ)。
ではどうぞ~

   
 昭和20年生の私は、大学卒以来65歳の定年まで同一法人で生きてきました。

定年間近い私は、業務上のミスも多数有り、法人内の評判はかんばしくないことも感じつつ暮らしていました。

また、公的年金18万円では、貯金の取り崩し生活しか考えられません。

そこで定年をもって法人と縁を切ろうと内々で決意、田舎暮らしを目指します。2009年4月のことです。

   

 雑誌「田舎暮らしの本」が愛読書となり、土地探しを始めました。

田舎暮らしの本

   

ネットで「なーんにもない村」を売りにしている不動産屋の、1,100坪300万円の農地物件を見つけ、くぎ付けになったのでした。
   

6,180万円で購入した建売住宅に住み、残債が1,200万円以上の身にとっては、手軽な買い物ではありません(ローンの払い終わりは74歳)。

300万円のうち100万円をかみさんに出してもらい、契約成立。ローン住宅のほうは、翌年2,000万円で売れました。

   

 この物件が安かった理由は、地目が「農地」であるせいです。農地購入は農業者にしか許されません。

そのため12万円で中古プレハブボックスを購入し、掘った井戸から水道管をつなぎ、プロパンガスコンロを置き、2010年4月1日から売上げ0円の農業者になりました。
   

当時の様子

   
 農業委員会へ農地の宅地転用を申請し、転用許可が出ると建築確認申請となります。許可がないと宅地部分の地ならしも出来ません。

めでたく許可が出て9月着工となりました。

   

 年が明け、1月にはセルロースファイバーの施工が終わり、床板は無いものの家らしくなりました。

3月11日は、あの大地震です。工事は中断しましたが、耐震性能は確認されました。

   

 目指すは食料自給、愛読書は「現代農業」になります。

現代農業

   

元水田が有る物件は魅力でした。

野菜と米を作り、卵を食べる。産まなくなったら、お肉にする。

(それまでに、職場での仕事の一環として、鶏を飼っていた経験が20年ほどある。また、移住を決意する5年ほど前から、職場近くの田んぼを借り、趣味で米作りもしていた)
   

じゃがいも

ししとう

きぬさや

   

お風呂と25℃暖房は薪、標高があるので冷房は無し。

セルロースファイバー住宅は、メンテナンスにお金がかからないこと、そのため年金生活でおつりがくること、が設計思想でした。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました