旦那さんを少し遊ばせてあげて

Gentle woman田舎暮らし

 夫が移住のために購入したいという土地を、見に行くことになった。

地域で移住を積極的に斡旋あっせんしている不動産屋に寄った。夫とは既に顔見知りで、親しげに話をしている。
   

 その不動産屋が、車で土地まで案内してくれた。

かなり山奥まで入ったところに、件の土地があった。不動産屋がある街から、15㎞は離れている。草ボーボーだ。

   

 私がイメージしている移住とは、かけ離れていた。

こんな山奥じゃ、歩いて行ける距離に何もない。バスも通ってない。車が無ければ生活できないところだ。

今はよくても、もっと歳をとったらどうなるんだろう。

車が運転できなくなったら、どうするんだろう。
   

   
若ければ不便な所でも大丈夫だろう。

しかし歳をとったら、便利なところに住むのが鉄則じゃないだろうか。

生活上必要なところが、歩いて行ける距離にないと困るのでは?

いろいろ不安なことが頭に浮かんだ。

   

 そのとき不動産屋が、浮かない顔をしている私の心中を読み取ったのか、こう言った。

「旦那さんは今までずっと頑張って働いて来たんだから、今少し遊ばせてあげて」と。

   

 その言葉が、私の気持ちを穏やかにすっきりと納得させてくれた。

そうだね、これは遊びなんだ、遊ぶことって大事では?

いいじゃないか、先はどうなるかわからないけど、なるようになるだろう。
   

 今、私もここで生活するようになり、毎日張り切って畑をやったり、田んぼの様子を見たり、土地の手入れをしたりしている夫を見ると、これでよかったのだと思う。
   

支柱をたてる作業をしているところ

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました