番外編18 太陽の力

Hakusan mountain range番外編

 「月山がっさん」がきっかけで、山が好きになった。

山に登るのは大変だが、それでも山道を歩くとき、特に木立の間を歩くときの匂いが好きだ。

何の匂いなんだろう。木の根の匂いなのか、土の匂いなのか。

   

山頂から、遠くに、雪をかぶった北アルプスの峰々が見えると、厳かな気持ちになる。

山々が何層にも連なっているのを見て、ああ、日本はほんとうに山国なんだなあと、感慨を覚えた。

   

 登った山の中で一番高いのは、乗鞍のりくらだ。
   

   

山頂から見えた甲斐かいこま甲斐駒ヶ岳)が、とても魅力的な山だと思った。いつか登りたいと思ったが、チャンスがなかった。

   

 なぜか富士山に登りたいとは一度も思わなかった。

富士山は、遠くから眺めるものだと思う。

すべてのものから抜きんでて、空に突き上がった姿の美しさを楽しむには、少し距離を置く必要があると思う。

   

Mount Fuji

   

 印象に残っているのは白山に登った時のことだ。

御来光を拝もうと、未明に小屋を出て山頂に向かった。夏だったが、とても寒かった。暗い中、凍り付いた方位盤の近くで待った。

   

 稜線が徐々に赤らんでくる。

「来た来た!」と胸をときめかす。

そして、光が放射状に空に放たれていく。

ゆっくりと太陽の孤が見えてきた。

辺りを明るく照らしつつ、ぐんぐん太陽が昇ってきた。

すると、方位盤の氷がみるみる溶けていった。
あんなに寒かったのに、ぽかぽか暖かくなってきたのだ。

すごい!これが太陽のエネルギーなのか。

   

hakusan sunrise

   

 昔の人が、太陽を神様だと思ったのはよくわかる。太陽が無かったら、地球もなかった。

すべての命が太陽にかかっていることを実感したときだった。

   

コメント

  1. アイビー88 より:

    今晩は
    「早トレ」のスレでは、私のコメントにご丁寧な返信を頂き有り難うございました。

    あちらのスレにお礼のコメントをと思いましたら、あれから沢山の素敵なお話しが。
    それに今日は ♡山 のお話し。でこちらにお邪魔しました。
    特に “白山” の記述には臨場感で胸が一杯になりました。
    まさしく
    太陽のエネルギーは 唯一無二 神 の存在ですね。(ガーデニングをしているので日々実感。それに幼い時、悪い事をするとお天道様が視てるよと親に言われていましたから、自然に畏敬の気持ちがありますね)

    私はワンゲル部で思い出すのは、初めて山歩きをした東京最高峰曇取山です。
    バスケとはまた違う達成感や、自然の清らかさが心地よかったことです。

    富士山のお話、分かります~♪︎
    でも、今年はその富士山に登る予定でした。
    (其ツアー会社の企画で3月から段階的にチャレンジして8月に山頂に)
    それが、このコロナで・・・残念でした。もう無理だと思います。

    ※アルバイトのお話しも、分かる、分かるです~♪
    また目標の有無のお話しも(アルペン競技まで、凄いですね。私などボーゲンにパラレル止まりでした)

    ☆どうぞ、これからも、お体をいたわって、楽しい懐かしいエッセイを書いて下さいね。番外編も。
    楽しみにしています。
    有り難うございました。(^-^)

タイトルとURLをコピーしました