第89話 上野発の夜行列車→青函連絡船で北海道へ

Mount Hakodate思春期

 高校の修学旅行は北海道だった。

北海道には行ったことがなかったから、修学旅行先が北海道だと聞いて、この学校を選んだ。選択の基準がおかしいかもしれない。

この旅行は2年生の時に実施された。2年だから、修学ではないだろうということで、違う名前がついていたような気がするが、忘れてしまった。

   

 新幹線も青函トンネルもない時代。上野発の夜行列車に乗り込んだ。

列車で一晩明かすわけだが、なぜか女子は着替えさせられた。

貸し切り列車のトイレ前や、デッキのあたりを更衣室にして、順番にズボンとポロシャツに着替えた(当時はTシャツという概念がなかった)。

女子が制服で寝るとなにか不都合な点でもあったのだろうか?

   

 夜行の座席で寝るというのは難しい。

乗り物で居眠りはできるのに、夜、正式に寝ようとなると、容易なことではない。
せいぜい寝たふりをするのが関の山だ。

早朝の青森に着いたときは眠かった。

6月だったので、津軽海峡は雪景色ではなかったが、小学生の時、竹芝桟橋から船に乗って、千葉の保田ほたまで臨海学校に行った時とは違って、なんとなく寂寥せきりょう感があった。

   

 青函連絡船に乗るに当たって不安なことがあった。

小さい時に見聞きした、洞爺丸とうやまるの悲劇も頭にあったが、心配なのは船酔いだった。
以前、船に酔ってえらい目に遭ったのだ。車酔いとは段違いに気持ちが悪い。

甲板は寒かったので、船底の畳の部屋で友だちとごろごろした。寝っ転がっていると、揺れるたびにぐらぐら振られて、体が安定しない。結局座った。

   

 心配したほど船酔いもなく、無事、函館に到着。

初めの宿泊場所は函館ではなく、定山渓じょうざんけいだったと記憶している。

 10日間ほどの北海道旅行が始まったのだが、詳細は続編として次回に書くつもり。・・to be continued
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました