第88話 バレンタインデー

Bouquet of hearts思春期

 バレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈るという習慣は、いつからできたのだろう。

少なくとも、私たちが高校生の頃はなかった。
   

 バレンタインデーは、好きな人にその気持ちを表す日で、カードを送ったり、プレゼントをしたりする。

ただし、この日に限っては、女性から男性に告白してもいい、という共通認識だったと思う。

   

 高校1年生の時、友だちにつきあって、ジャズ研(ジャズ研究会)が練習している部屋に遊びに行ったことがある。

ジャズ研といっても、ほんの数人しかいなくて、ジャズの定番「モーニン」を練習していた。
   

 その友だちは、歌がとても上手で、声楽を本格的に習っていた。
文化祭で独唱したりしていたので、かなり有名な存在だった。

それもあってか、私たちが行くと、練習をやめておしゃべりを始めた。
   

そこに、やはりジャズ研ではないけど、遊びに来ていた1級上の男子がいた。

その男子は、私の友だちと楽しそうに話していたが、それを傍で見ていて、ちょっとタイプだなと思っていた。

   

 普段、物理室に移動するとき、1級上の教室の前を通るのだが、なんとなく教室の中を見ると、先日のあの男子がいた。

こっちを見て会釈をしたので、私もしておいた。

そんな目と目のやり取りが、何回か続いた。

   

恋する高校生

   

 当時、国語の先生がフォークダンスを奨励しており、毎日、昼休みになると、屋上で音楽をかけて行われた。やりたい人が勝手に行ってやっていた。
   

フォークダンスといえば、一般的に輪になって踊るが、パーソナルダンスというものがあり、それは二人で踊るのだった。

パーソナルダンスが始まると、男子は適当に女子を誘うのだが、女子の方はたいてい誘われるのを待っていた。

あの上級生の男子も来ており、待っている私を誘ってくれた。

   

 こんな風にして、彼と何回もフォークダンスをしたのだが、ある日、何がきっかけか忘れたが、彼と二人きりで、書道室という畳の部屋で長々と話をしたのだ。

用務員のおじさんが見回りに来て、「早く帰れ」と声をかけてくるまで話していた。

   

 そして、バレンタインデーの日、帰ろうとして下駄箱を開けると、カードが入っていた。

私はハッとして周りを見回し、誰も見ていないことを確認してカバンに入れた。
彼からのバレンタインカードだった。

 今で言うところの「彼氏」というものが、初めてできた時のお話でした。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました