新緑の季節4 「コケコッコー!たまご産んだわよー」

hen2田舎暮らし

 ニワトリさんが3羽います。

昼間は外に出してあげます(小屋の周りが広場になっていて、フェンスで囲ってある)。

   

 今いるのは4代目。

1代目から3代目までは、卵を産まなくなったらつぶして食べちゃったそう……。

4代目は、潰して食べることに私がノーサンキューなので、そういう怖いことにはならない予定です。

   

 小屋の中のニワトリさん。仲良さそう。

中央下に、ポリバケツにふたがしてあるのが見えますね。中には餌が入っていて、風に飛ばされないよう石が乗っけてあります。

名古屋種(名古屋コーチン)、3羽ともめすです。
   

   

小屋の全景

   

 卵を産むと、ココココ、コケーコココー!と、せわしなく鳴いて知らせてくれます。

産んだかな?

確認しようと思って小屋に入ると、産んだらしき1羽が、狭い巣箱にうずくまっています。なかなか出てきません。

しばらくたって再び見に行っても、まだうずくまっています。

   

巣箱は2つありますが、たいてい左の小さいほうで産みます。

   

小屋の扉を開けて他の2羽を外に出すと、あとからやっと出てきました。

巣箱には、卵が1個ありました。
   

昨日の11時頃に産んでくれた卵

   

 私「どうしてずっと座ってたんだろうね。温めようとしてたのかな」

 夫「いや、余韻を楽しんでたんでしょ」

 私「えっ!」

産んだ余韻を楽しむなんてことあるのかなあ……、無きにしもあらず、かも。

   

 このニワトリたちは、3年ほど前に、1羽2,000円のひよこで買ってきたとのこと。6,000円の元手と、餌代がかかっています。

餌は、トウモロコシを主としたもので、ペット用のものをコメリから買っていて、1羽につき、1か月約500円ほどかかっているそうです。

昼間は、お庭の草やミミズを食べています。

   

 ひよこから卵を産むようになるまで半年。

それから1年半ぐらいは1日おきに産んで、そのあとは、たまに産む感じになってきます。最近は、3羽分合わせて、1日おきに1個くらい。

とすると、6,000円と餌代分の卵を産んだかな、微妙です。

夫が言うには、鶏を飼うことは元を取ることではなく、趣味だそうです。

とり年だもんね。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました