第87話 マリリン・モンロー

marilyn monroe思春期

 高校2年生の時だった。
マリリン・モンローが亡くなったというニュースが、世界を駆け巡った。

 マリリン・モンローと言えば、今や伝説の女優となっている。
地下鉄の通風口からの風に、スカートを吹き上げられる写真が有名だ。

   

 彼女の映画は、ほとんど見ていない。劇場では、小学生の頃、父につきあって「王子と踊子」という映画を見ただけだ。
   

王子と踊り子(字幕版)

   
   
 「王子と踊子」と聞いて、初め、御伽噺おとぎばなしなのかと思っていたのに、全然違った。

主演らしき女性がマリリン・モンローだとも知らず、その上、幼い目からは彼女が美人には見えなかった。歩いて行く後姿が印象に残っている。

   

 そういえば、父と母が「ナイアガラ」という映画の話をしていたことを思い出す。

話を聞いていて、面白そうだなあと思ったが、それがマリリン・モンローの映画だとは知らなかった。
   

ナイアガラ(字幕版)

   

 高校を通じてずっと仲良くしていた友だちが、大の映画好きだった。
その点で意気投合し、しょっちゅう映画の話をしていた。

彼女はマリリン・モンローの大ファンで、その美しさをたたえていたが、私にはピンとこなかった。

私は、オードリー・ヘプバーンが素敵だとか、ヴィヴィアン・リーがきれいだなあとか思っていた。
   

その友だちは、男優ではクラーク・ゲーブルが大好きだと言っていた。

私はジェームズ・ディーンが大好きだった。

クラーク・ゲーブルが好きな気持ちが分からなかったし、友だちは、ジェームズ・ディーンのどこがいいの?という風だった。

   

 大人になり、テレビで「荒馬と女」という映画を見た。
主演はしくもマリリン・モンローとクラーク・ゲーブル。
   

荒馬と女 (字幕版)

   
   
そこで初めてマリリンの素晴らしさに心を打たれた。セクシーであることはもちろんだが、偽りのない可愛らしさ、優しさ、温かさにあふれていた。

女の私が抱きしめたくなるような感じだった。
こんな女優さんは、二度と現れないだろうなと思った。
   

友だちは高校生の時から、これがわかっていたのか、ずいぶん早熟だったんだなあ。あるいは自分の趣向が幼かったのかもしれない。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました