第23話 六甲(むこ)のやまなみ 背において

school学童期(関西編)

 高校野球のシーズンになると、勝った高校の校歌が流れる。

それを聞くと、なかなかいい校歌だなあと思うことがよくあるが、自分が通った学校の校歌はどうであっただろうか。

   

 初めて通った小学校は兵庫県の瀬戸内海側にあり、風光明媚で気候も温暖なよいところだった。

学校は、坂道になっている道路に面しているため、校舎は、道路からせりあがった土地にあり、道路から校庭までの斜面には松が植えられていて、きれいな外観だった。

   

 しかし校歌は古めかしい歌詞だった。

   

むこのやまなみ せにおいて

ちぬのうらかぜ おだやかに

 ものみなひかる まなびやの 注1

   

後にまだ続くのだが、ここまでしか覚えられなかったし、意味は全く分からなかった。

     

その後通った東京の小学校の校歌は、子どもにでもわかるような歌詞でできていたが、なんとなく面白くない歌だった。

中学校の校歌も、高校の校歌も悪い歌ではないものの、なんとなくつまらない。

   

なぜか?

たぶん、学校や、学ぶ生徒の姿を妙に美化しているので、気持ちとは乖離かいりしており、気持ちよく歌えないのだろうと思う。

   

 それに比べて、大学の応援歌は気持ちよく歌えた。

校歌ではなく応援歌のほうである。自分は体育会系の部に所属していたので、この歌は威勢が良くていい気分で歌えた。

   

樹霊せよ我等が賛歌 紀尾井の杜の彼方まで

 樹霊せよ我等が賛歌 紀尾井の杜の彼方まで 注2

   

注1 富田砕花 作詞
注2 松本寛 作詞

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました