番外編15 初めて買ったLPレコード

Listening to music番外編

 小学校4年生ぐらいの時、叔母がレコードを持ってやってきた。

「〇〇さん(母のこと)と、一緒に聞きたいと思って」と。

   

それはSPというレコードだった。

曲はチャイコフスキーのピアノコンチェルト第1番。

1楽章だけだったように思うが、それでもレコードを何枚か取り換えた。SPレコードは、ほんの短い時間しか録音できなかったのだ。

   

Tchaikovsky Piano Concerto No 1 FULL / Martha Argerich, piano – Charles Dutoit, conductor
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番

ピアノ:マルタ・アルゲリッチ 指揮:シャルル・デュトワ

   

 やがてLPという言葉がよく聞かれるようになった。LPだと、ピアノコンチェルトも全楽章入る。

   

 レコードをかけるときというのは、とても緊張したものだ。 

まず、レコードの持ち方だ。

面に直接さわらないようにして、ふちとふちを掌で挟むようにする。

そして、そっとターンテーブルの上に載せる。

   

TEAC ティアック TN-3B-B

   

   
次は針をレコード盤に置くときだ。

これが一番緊張する。

ガリガリとレコード盤を傷つけると大変だから、全神経を集中して、一発で溝の初めに針を置くようにした。

そして、少しの間があって音楽が流れ出す。わくわくする瞬間だった。

   

 自分のお金で初めて買ったLPは、ビートルズだった。

ドキドキしながら針を置いた。「ミスター・ムーンライト」が飛び込んできたときの感動は忘れられない。

   

The Beatles – Mr. Moonlight ビートルズ ミスター・ムーンライト

   

 1960年代には、ジュークボックスというものをよく見かけた。

コインを入れて曲を選択すると、自動的にアームのようなものが選んだレコードをつまんでターンテーブルに載せ、音楽が流れ出すというものだった。

たしか、一曲10円ぐらいだったと思う。

   

 スキー場の旅館のロビーや食堂などに置いてあったのを覚えている。
それでビートルズの「ア・ハード・デイズ・ナイト」などをかけて、みんなで踊ったものだ。

 やがて、カセットテープの全盛期となり、ジュークボックスは見かけなくなった。

   

The Beatles – A Hard Day’s Night ビートルズ ア・ハード・デイズ・ナイト

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました