第46話 井戸と石炭ストーブ

Potbelly stove学童期(東京編)

 私たちのクラスの教室は、校舎の一番端っこにあった。
その教室の横に井戸があった。

   

井戸の水をくむのにはコツがある。

ポンプで水を汲みあげるためのハンドルがあるのだが、それを単に上下させるだけでは、空振りのようにスカスカと空気だけ漏れてきて、水が上がってこない。
   

ハンドルを持ち上げ、一呼吸おいてからギューッと力を込めて振り下ろすと、水がザーッと出てくる。

いったん出てくれば、後はどんどん上下させると、水がザブザブ出てくるのだ。
   

手押しポンプ

   
井戸で水を汲むのは面白かった。これは掃除の時間によく使った。

   

高学年になると、渡り廊下のすのこを掃除する当番が回ってくる。
これはとても楽しかった。

校舎の壁にすのこを立てかけ、そこに井戸水をぶっかけて洗うのだ。

   

その当時はポリバケツなど存在しない。

金物のバケツに水を汲み、それを片手で持って、水がこぼれないように上下にぐるぐる回す遊びが流行った。

バケツが逆さになっても、遠心力で水はこぼれないのだ。
遠心力というのは、こういう時に一番よくわかる。

    

合間に竹ぼうきをてのひらに立てて、倒れないようにバランスをとって走り回る。

渡り廊下の掃除は、ほとんど遊びだった。

   

冬になると石炭ストーブで暖を取った。

当番の日は、楕円形の大きな金物のバケツを持っていき、校舎の裏の塀にそって積み上げられた石炭の山から、大きなシャベルで石炭をすくってバケツに入れる。

これは二人組になって運んだ。そして教室のストーブの横に置く。

こんな作業を、子どもはとても喜んでやるものだ。

   

 先生がヤスリ板で書いたロウ原紙を、謄写版とうしゃばんにセットして、インクをローラーにつけ、原紙の上を転がして印刷する。

いわゆるガリ版であるが、当時学校の印刷物は、すべてこのようにして作られた。
この手伝いもよくしたものだ。
   

小学生の自分を思い出すと、せっせと動き回っている姿が思い浮かぶ。
   

※参考
「ナガジン」 もう一度ガリ版の事を考える時が来たのかもしれない【ガリ版体験レポ】
https://www.nagazine.jp/gariban/

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました