第107話 ボランティア

Woman piggybacking on a boy青年期

 大学では、なにかしら、ボランティア活動をすることが推奨された。

いろいろある中から、先輩や友だちに誘われて、二つのボランティア活動をした。

   

 一つは「病院奉仕」というもので、赤十字が行っているものだった。

 ある大学病院へ行き、専用のエプロンをして、かごを持ち、「病院奉仕団のものです。お買い物のご用はありませんか?」と病室を回る。

頼まれたものを買って届けるという仕事だった。
   

 最近は病院の売店になんでもそろっているが、その頃は買い物を引き受ける必要があったわけだ。

 これは、1年間ぐらい続けた。ニーズがあまりなくなってきて、自然とやめた。

   

 この奉仕団では、献血の奉仕もやっていた。

一般的な献血と違って、手術などで新鮮血が急遽必要になると声がかかり、できる人が行くというものだ。

   

 一度、白血病のお年寄りのところに行って献血をしたことがある。
病院のようでもあり、療養所のようでもあるところだった。

   

   

そこで看護師さんが、おばあさんの血液と私のものとを混ぜ合わせるかなんかして、「大丈夫」と言った。

さっそく横のベッドに寝た私から採血し、それをすぐに直接そのかたに輸血した。
   

   
 私と同世代くらいのお孫さんが、「輸血が一番効くんです」と言った。

終わると、おばあさんは細い手で、弱弱しく500円札を私に差し出し、「これでお茶でも飲んでください」と言った。
   

私はとても困ってしまった。断るべきだったのかもしれない。

しかし、そのかたの気持ちを考えると、断るということができず、頂いてしまった。

帰ってから母に話すと、「なぜ断らなかったの?」と言われた。

   

 どうするべきだったんだろう?

それからしばらく、このことで気持ちが沈んでしまった。

   
   

 もう一つは、バタヤ部落の子どもたちと遊ぶ、というものだった。

これはセツルメントと呼ばれた。
場所をはっきり覚えていないが、日暮里の近くだったと思う。

   

Women playing with children

   

 「バタヤ」というものが、どういうものなのか知らなかったが、廃品回収をする人たちのことのようだった。

その人たちが集まって暮らしているところが、バタヤ部落である。
敷地に小さい教会があったように覚えている。
   

 では、これがありの街だったのかというと、そうではなかったと思う。
その辺の記憶はあいまいだ。

   

 大人が仕事に出ている間、子どもたちと遊ぶのだ。

一人の小さい男の子が、私の背中におぶさって離れなくなった。
その子は、ちょっと嫌われ者のようだった。
   

ずっと背中に乗っていて、降りようとしなかった。その子が不憫な感じもしたし、可愛くもあった。うんと可愛がってあげたいなと思った。

   

 このボランティアは、どういうきっかけか忘れたが、3回ぐらいで辞めた。
しかし、ここで体験したことが、その後の仕事の選択に影響を与えたと思う。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました