心臓の手術から3か月が経ちました

Use your smartphone while lying down心臓の手術

クリスマス・イブに心臓手術 その7

 みなさまお久しぶりです。

 昭和こぼれ話1を先にアップしてしまい、順序が逆になりますが、術後3か月の健康状態をご報告します。

   

   

体調

 毎日計っている血圧は、退院直後は、上が130~140ぐらいでアップダウンしていたが、最近は110~120程度で安定している。

 体重は、なかなか40キロに届かない(身長155cm)。

 肺にまっていた水はほとんどなくなり、かなり楽になったが、息切れ、せきなどはまだ残っていて、体力の回復にはまだ数か月かかりそう。

   

   

 初めのうちは、肺に溜まった水を排出するための利尿りにょう剤や、むくみを取る薬、心臓の負担を軽くする薬、胃薬、血液をサラサラにするワーファリンという薬など、いろいろ出ていた。

現在は、心臓の負担を軽くする薬だけになった。

   

 ワーファリンは、弁置換べんちかん術で人工弁になった人が飲む薬。

カーボン製の機械弁を用いた場合は、一生飲み続ける必要があるが、私は牛や豚の弁を利用した生体弁のため、3か月で終了となった。

   

食事

 心臓の問題だけでなく、動脈硬化が進んでいると言われ、塩分、油分などの摂りすぎに気をつける必要がある。

退院してからは、努めて塩分控えめで薄味にしている。

この薄味にすっかり慣れて、たまに、スーパーで焼き鳥を買って食べたりすると、なんて味が濃いんだろうと思うようになった。また、揚げ物は一切食べていない。

   

 ワーファリンを飲んでいる間は、ビタミンKを含む食材がその効き目を妨げるため、納豆・青汁・クロレラは厳禁、青菜やブロッコリーなどは少ししか食べられないという縛りがあり、やっかいだった。

今それから解放され、なんでも食べられるようになった。食欲はずっと旺盛。

   

 ここで、おすすめを一つご紹介。

★長期保存おかゆ

災害時の非常食として娘が送ってくれたもの。

退院直後はおかゆでないと喉を通らなかった。それで、この非常食をたべたところ、なんともおいしいので感激。

温めないで常温のままでも、お米の風味が味わえる。おかずがなくても、どんどん食べられる。

   

私はもともとおかゆが好きだが、おかゆがちょっと苦手という人も、きっとおいしく食べられると思う。

体力が落ちた時、食欲がない時、お昼時だけど適当な食べ物が無いなあというときなど、このおかゆに、おかかと梅干でものせて召し上がってください。おすすめです。
   

贈り物としての見た目はたいそう地味ですが、もらった人はきっと喜ぶんじゃないかなあ…… 😊

   

家の中の家事

 洗濯、炊事など、途中休憩を入れつつ、ほぼ普通に行っている。

身をかがめると咳込むので、雑巾ぞうきんがけなどはしていない。

   

買い物

 うちから400mほどのところにあるスーパーに、買い物に行けるようになった。

術後1か月ほどの時は、息が上がってしまい、最低限度のものを買ってくるだけでやっとだった。

   

現在は、銀行に寄ってから買い物とか、郵便局に寄ってから買い物などができるようになっている。

ただし、重いものを持って歩くのは無理なので、それは夫に頼んでいる。

一度、大根、人参などの根菜を買って運ぶことにチャレンジしたが、背中や胸が痛くなってしまったので、まだ軽いものだけにしている。

   

会話

 今回のことがあって、話をするためには、酸素がたくさん必要なんだということが改めてわかった。

人と相対して一定時間会話をすると、息苦しくなってくる。

電話だと、寝っ転がって話すことも可能だが、対面しているとそういうわけにもいかない。

   

例えば、役所の窓口で、いろいろと問い合わせたり、説明を聞いたりしているうちに、息が上がってきて、きつかった。

階段を急いで上がってすぐに話をしているような感じになる。

楽に会話できるようになるまでは、もう少し時間がかかりそう。

   

気持ち

 私とほぼ同じ時期に手術を受けた方が、退院後1週間ほどでお仕事に復帰され、今ではほとんど元通りに仕事をされているという。

自分はそこまで回復していないことが憂鬱ゆううつだった。その方は私より20歳ほどお若いが。

   

 しかし、手術前にドクターから受けた説明のメモを最近見て、半年ほどは体力が落ちると書いてあったので、「あ、そうだったか」と納得した。

マイペースで、体操などをしつつ、急がずに体力の回復を待ち、徐々に活動範囲を拡げていければいいと思っている。

      

コメント

タイトルとURLをコピーしました