第105話 月山その2 山小屋の生活と雪渓、かまどごはん

cooking stove青年期

山小屋の生活と雪渓せっけい

営林署の小屋ってどんなところ? 

 営林署の小屋は2階建てで、かなり広かった。

上下とも畳敷きだった。下の広間でご飯を食べたり、ミーティングをしたりした。
上で寝た。

   

 電気はなく、アセチレンランプの灯だけだった。その周りだけが明るく、部屋の隅の方は薄暗かった。

広間の壁ぎわに大きなかまどがあり、その前には囲炉裏が切ってあった。
今、思い返してみると、いい雰囲気だった。

   

ご飯はどうしたの?

 竈に薪をくべて、特大のお釜でご飯を炊いた。

同期の男子が「俺に任せて」とご飯炊きを一手に引き受けた。
いろいろな特技を持っている人がいるものだ。

   

 台所にはプロパンのガスコンロがあり、おかずはそこで作る。
米や食材は、すべてみんなでかつぎ上げたのだ。
   

 1年と2年がペアになって、食事当番をになった。

体育会というのは、2年生が一番こき使われる。泣く子も黙る3年生、4年生は神様だった。が、この合宿に4年生は参加していなかった。

   

トイレは?

 トイレは一つしかなかった。

同期女子の一人が言った。「みんな同じものを食べてるから、同じ臭いだよね」

   

雪渓を滑るって、どんな感じ?

 7月末の山形は、まだ梅雨の最中で、しとしとと雨が降ることが多かった。

弱い雨の中を、スキーを担いでさらに頂上近くまで登ると、雪渓(夏でも雪が残っている渓谷)が広がっており、そこが私たちのゲレンデとなった。

他には誰もいない、貸し切り状態だ。

   

   

 天気がいいと、夏空の下のスキーは爽快だった。

私たち女子は長袖のシャツで滑ったが、上級生の男子の中には、ランニングで滑ったり、半ズボンに膝までの靴下で滑ったりする人もいた。
   

 雪というより氷に近い。転ぶとめちゃくちゃ痛くて、みんなお尻に青あざができた。

ところどころ、雪が解けて岩が露出しているところもあった。

   

天候急変

 あるとき、練習中に天候が急変し、急いで下りることになった。

女子から先に下りることになり、その先導を任されたのが、同期の男子一人と、新入生勧誘のときに見かけて、「チャラい」と感じた2年生の男子だった。
   

冷たい風がビュービュー吹き、雪渓の表面から、氷の粒のようなものが吹き上がる。

たどたどしくスキーを操りつつ下りる私たちを、辛抱しんぼう強くサポートする男子が頼もしかった。

   

 誰かのバッケン(靴をスキーに固定するための金具)が外れてしまうと、足元にしゃがんで、それを直した。

   

 また、ある女子が「寒い、寒い!」 と言って泣き出すと、例のチャラいと思っていた男子が、イライラせずに自分のヤッケを脱いで着せたりした。

こういう時の振る舞い方で、その人の器が分かると思った。
   

他にも、いろいろなことがあった。それはまた続きをお楽しみに。

to be continued・・


 総合南東北病院「健康情報 こんにちわ」2019年12月号
http://www.minamitohoku.or.jp/files/paper/files/0025_file01.pdf

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました