第91話 速く走るには?・・運動会いろいろ

white line思春期

 初めての運動会は何が何だか、さっぱりわからん、で終わった。

2回目の運動会は、おもらしをしたことしか覚えていない。

東京の学校に転校してから、運動会が大好きになった。運動会というものの全貌がやっとわかったのだろう。

   

 私が通った小学校では、運動会には、家から体育の服装をして、男の子は帽子をかぶり、女の子は「はちまき」をして、地下足袋じかたびで登校した。

地下足袋というのは、足袋の足裏にゴム底がついていて、そのまま地面を歩けるようになっているものだ。いつからか、地下足袋ではなく運動靴に変わったが。

   

 当日の朝、「運動会決行」の合図にアドバルーンが上がったり、打ち上げ花火が上がったりした。「ドンドーン」という音や、「アドバルーンが上がってるわよ」という母の声にワクワクしたものだ。
   

学校に着くと、運動場には真新しい白線が引かれ、音楽が流れている。勇壮なミリタリーマーチが多かった。私はうれしくなって駆け回った。
   

運動会で活躍したのかというと、それは全くなく、徒競走も遅かった。雰囲気が好きだったのだ。

   

 中学校の運動会はどうだったかというと、毎年プログラムの最後を飾る、全校女子の「クラス対抗綱引き」が思い出に残っている。運動会の名物だった。
   

 綱引きと言うのは、単純そうで難しい競技だ。

大勢の力が一つになって綱に伝わらないと、効果が出ない。それで「オーエス!」という掛け声が必要なのだろう。

懸命に力を込めて踏ん張る私たちの脇で、これまた懸命に旗を振って応援する男子たち。それがまた面白かった。
   

綱引き

   
綱引きは、初めのうちは力が拮抗してあまり動かないが、いったんどちらかに力のベクトルが傾くと、一気にそっちの方へと動いていく。

こんな感じで勝利したことが一度はあったような気がするが、踏ん張っても踏ん張っても、前へ前へと引きずられていく感触のほうが鮮明に残っている。

   

 運動会の花形と言えば、リレーだ。憧れだった。

しかし、リレーの選手になることは夢のまた夢だった。そんな私が、中学3年生の時、走り方を会得したようなのだ。
   

それまでは、足を全速力で回転させようとして、首と肩のあたりに力を入れて、そっくり返って走っていたような気がする。

そこを変え、下半身の方にエネルギーを集約して、前へ前へという気持ちで、前傾し走ってみたところ、速く走れたのだ。誰か教えてくれたらよかったのに……。

   

 そんな経緯があり、高校2年生でついにリレーの選手になった。昔の自分からは考えられないことだった。

その時、「靴を履いて走ったほうが速く走れるのよ」という親友のアドバイスをよそに、なぜか裸足で走ったのを覚えている。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました