第92話 初デート

Pudding a la mode思春期

 「北海道」で仲良くなった彼とは、放課後に学校のどこかで話したり、帰りに喫茶店に寄ったりする程度の付き合いだった。

マクドナルドもドトールもスターバックスもない時代だ。喫茶店を「サテン」などと呼んで、そこが若者のたまり場だった。

   

 ある冬の日、初めて映画を見に行くことになった。初デートだ。

高校2年だったから、かなり遅い方だと思う。

「太陽はひとりぼっち」という映画だった。この主題歌を、日本では園まりさんが歌っていた。

   

「太陽はひとりぼっち」

    
   
   
 「太陽がいっぱい」でブレイクしたアラン・ドロンの映画ということで、話題にはなっていたが、観てみると、テーマが抽象的で、子どもにはなんとも分かりにくい映画だった。

印象に残っているのは、アラン・ドロンとモニカ・ヴィッティが、何かの窓ガラス越しにいちゃいちゃする場面だ。

   

この映画、最後まで観るのけっこうしんどいなと思って横を見ると、彼は完全に熟睡していた。
   

居眠り

    
 見終わり、やれやれというところで、「何か食べよう」と言われ、「おなかすいてない」と言った。

「食べよう食べよう」と言う彼に、「食べたくない」を繰り返し、結局「喫茶店」に入った。

   

彼はメニューの中で一番ボリュームのある、アイスクリームやら果物やらが盛りだくさんの物を頼んで食べていた。

おなかが空いてたんだろうな、とちょっと気の毒だった。

私は早く帰りたくて、「ああ、デートって、めんどくさいものなんだなあ」と思っていた。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました