新緑の季節3 「山うど」と「たらの芽」の巻

udo1田舎暮らし

   
 敷地内は、田んぼや畑、夫が果樹園と称している場所、鶏のお庭、単なる草ボーボーの原っぱなどになっています。
   

 田んぼの横の土手のようなところに、山うどが生えていました。根元から採ります。
    

 採れたもの

   
   

 根に近いところは皮をむき、穂先の柔らかそうなところも一緒に短冊切りに。            

 酢水に10分ほどつけて、で、定番の酢味噌和え。

   
   

 茎の細いところと葉っぱを小口から細かく切って、ごま油で炒め、酒を少々ふりかけ、削り節1パックをバサッと投入。

醤油を少ししてかき混ぜ、つくだ煮風。ご飯にのせて食べるとおいしい。

 ちなみにこの容器は、錦松梅というふりかけが入っていたもの。常備菜やお漬物などを入れるのに重宝しています。

   

kinshobai

こんなのもあります。

    
   

 同じ土手に、たらの木が数本生えています。

てっぺんにちょこっと出てきた芽を摘んじゃいます。

   
   

採れたもの

   
   

たらの芽は、なんといっても天ぷら

   
   

 フキはいたるところに生えています。伽羅蕗きゃらぶきにしようかな、と思っています。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました