初めてのPCR検査

PCR test些事いろいろ

 東京を離れるにあたり、地元の病院宛に紹介状を書いてもらった。

受診予約の電話をすると、「県外からの患者さんには、まずPCR検査を受けていただきます」とのこと。

こちらの高速道路には「感染拡大地域との往来は自粛しましょう」の横断幕が掲げられている。

   

 そういうわけで、初めてPCR検査を受けることに。

検査室に入ると、「そこに座って、マスクから鼻だけ出してください」と言われ、テレビでよく見ていたあの綿棒を鼻に突っ込まれた。

思ったより鼻の奥が痛くて、鼻血が出るかと思ったけど、出なかった。「陽性の場合だけ連絡します」とのこと。

   

 2日間ドキドキして待ったが、何も連絡がなく、ほっとした。

ちなみに心臓手術を受けた病院では、初診から退院まで一回もPCR検査はせず、CTと採血で確認するのみだった。これは、検査入院前に2回、手術入院前に1回した。

   

 かくて無事受診に至った。

担当の先生が、東京の方の病院でお世話になった先生と「友だちですよ。よく知ってます」とのことで安心した。経過は良好のようだ。

   

 ついでに、「風呂場で、いたたたた、胸を打っちゃった」の件についても伺ってみたが、レントゲンの結果を見ても特に異常なしとのこと。

痛みも殆どなくなっているので、問題ないようだ。

 ご心配いただき、ありがとうございました。

   

【井上正康】 医師向け教材 治療戦略 後遺症研究会
https://rumble.com/v1ezdhb-85631231.html

NIID 国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/

【更新】令和4年9月2日(金)
第83回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和4年度第11回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000208910_00049.html

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました